レディ

青汁の効果的な飲み方

ミドリムシは豊富な栄養素が含まれているので、飲む時間帯によって得られる効果がかわってきます。便秘予防には朝イチ、ダイエット目的なら食前、睡眠不足を解消したい方は寝る前がおすすめです。青汁の粉末を水や白湯に溶かして飲むのと胃に余計な負担をかけずに飲むことができます。

青汁

野菜だけではなく肉や魚も

野菜不足には青汁、というのが今までの常識でしたが、今はミドリムシの青汁というものも大変に人気です。ミドリムシの青汁は、野菜不足を解消するだけでなく、血液をサラサラにしたり、中性脂肪やコレステロール値を制御する働きがあります。

ミドリムシの青汁を飲もう

女性

安全性と含有量で選ぶ

ミドリムシを原料とした青汁の人気が高まってきています。ミドリムシの特徴は、その栄養の豊富さと吸収率の高さです。ミドリムシは藻の一種で、動物と植物の両方の性質を持っています。植物に多く含まれるビタミンやミネラル、動物に多く含まれるアミノ酸などの栄養素が59種類も含まれています。しかも、栄養素の吸収がよいとされており、その吸収率は93.1%といわれているのです。野菜などの植物の吸収率は、よく噛んだ場合でも40%前後なので、その吸収率の高さが分かりますよね。また、ミドリムシだけに含まれる「パラミロン」という成分は、免疫力の向上、脂肪の排出などの働きがあるといわれています。現在、ミドリムシを配合した青汁はいくつかの会社から出ています。ミドリムシの青汁を選ぶポイントは、安全性と含有量です。また、プラスアルファの効果を比較して決めるのもいいかもしれません。まず、安全性ですが、ミドリムシの人気が高まるにつれ、粗悪品も出てきていると聞きます。そのため、しっかりと安全性試験を行っている会社のものを選びましょう。また、あまり安すぎるものに手を出さないことも大切です。そして、含有量ですが、一日の摂取目安は500mgです。一日の摂取量の中にどれくらいのミドリムシが含まれているかを計算し、その基準を満たすものを購入しましょう。それだけで決められない場合は、青汁の野菜やオリゴ糖などの補助成分を比較して選ぶとより良い選択ができるはずです。

夫婦

万能な働きを毎日のケアに

ミドリムシは59種類の栄養素を含み、またパラミロンという独自の成分が老廃物を取り込んで排出するという働きを持っています。ミドリムシは青汁として摂取することができて、続けることで簡単に栄養補給と健康的な体作りができます。